高知市の歯医者でインプラント、審美歯科、小児 歯科、一般歯科をお探しなら、六泉寺歯科クリニックまでお越しください。駐車場完備。

予防歯科

予防歯科とは

今まで「歯科医院には歯が痛くなってから行くもの」という考えが定着していました。 しかし実は、痛みを感じるということはかなり症状が進行していることであり、 最悪の場合抜歯する恐れも出てきてしまうのです(詳しくは一般診療・小児歯科で説明しています)。 つまり、虫歯や歯周病になり痛みを感じてから、歯を失ってから歯科医院へ行くのでは手遅れなのです。 そのため虫歯や歯周病などを事前に防ぐ予防歯科を受けることが重要になってきました。

わかりやすい数字を挙げるならば、世界で一番予防歯科が浸透しているスウェーデンでは 歯科の定期検診受診率が大人で80%以上あり、子供にいたっては100%近く定期検診を受けています。 反対に日本での定期検診受診率は驚きの10%以下。 スウェーデンの国民は80歳で残っている歯の数は15~20本なのに対し、日本の国民では80歳で6~8本のしか残っていないことが 平均という結果が出ているのです。 虫歯や歯周病などの発症を防ぐために、意識改革が必要だといえるでしょう。

「虫歯や歯周病などを治療する前に予防する」

この考えがこれからの歯科治療のスタンダードとなってくるでしょう。

PMTC

毎日隅々まで歯を磨いているつもりでも、虫歯や歯周病の原因菌がひそむ歯垢や歯石を除去するには セルフケアだけでは限界があります。 この問題を解決してくれるのが、歯科医師や歯科衛生士が専門的な機械を使って口内を清掃するPMTCです。 PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略語で、 「専門家による専用器具を使った口内のクリーニング」を意味します。 PMTCには、虫歯予防や歯周病の予防や改善などの効果があります。

 

 

大人のための予防歯科

日本の成人の約80%は歯周病でありながら、実際に歯科医院へ治療に訪れている方は40%程度にしか過ぎません。 このことからもお分かりのように、日本人の歯周病に関しての認識はまだまだ低いといわざるをえません。

歯周病の原因は歯垢・歯石にひそむ細菌です。 しかし、普段の歯磨きでその細菌ごと歯垢・歯石を除去することは不可能に等しいのです。 また、その歯垢や歯石が原因で起こる歯周病は初期段階では気付きにくく、 重度の歯周病になると、抜け落ちてしまう場合があります。 そうなってしまうと二度と元の口内環境には戻らなくなってしまうのです。

そのため、早期発見・早期治療が重要になってきます。定期的な予防検診を受け、健康な歯を保ちましょう。

定期検診の必要性

歯周病は、再発が多い病気と言われています。
その理由の一つに、日本人にはメインテナンスを受ける習慣が定着していないことが挙げられます。 治療が終了しても、きちんとした管理ができていなければ歯周病は再発してしまいます。
歯周病の治療中や治療終了直後は、歯周病菌が非常に少なくなっています。 しかし、時間の経過とともにブラッシングなど口腔内のケアがおろそかになっていく場合もあり、 再び歯周病菌が増殖し再発を起こしてしまうのです。
メインテナンスとは、定期的に口腔内を管理することにより歯周組織の健康を維持していくことです。
アメリカ歯周病学会では、歯周病のメインテナンスを「歯周病の治療の延長であり、 歯周組織に対する定期的評価と予防処置を続けることである。 そしてその結果、新しいあるいは再発する異常や疾患を早期に発見し、治療しようとすることである。」としています。

お気軽にお問い合わせください TEL 088-833-6406 受付時間 9:00 - 18:00 [木・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 六泉寺歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.