高知市の歯医者でインプラント、審美歯科、小児 歯科、一般歯科をお探しなら、六泉寺歯科クリニックまでお越しください。駐車場完備。

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは、歯肉に細菌が感染し発症する、慢性の炎症性疾患で感染症の一つです。

歯肉炎

軽度歯周炎

中等度歯周炎

重度歯周炎

歯肉炎

歯肉炎炎症が歯肉だけに起こっているため歯肉炎と呼ばれます。 このとき歯肉は炎症のため赤く腫れますが、歯槽骨の溶解はまだありませんので、炎症を治せば歯肉は元通りに回復します。 ていねいなセルフケア(家庭でのプラークコントロール)と 歯科医院でのプロフェッショナルケア(ポケット内のプラークと歯石の除去)で、歯肉炎を撃退しましょう。


軽度歯周炎

軽度歯周炎炎症が歯根の半分程度の深さまで進んで歯周組織へと波及し、歯槽骨も失われはじめています。歯周ポケットは4ミリ程度。 歯肉炎と同じようにポケット内に隠れたプラークと歯石を取り除き、セルフケアを毎日しっかり行って治療をしましょう。


中程度歯周炎

中等度歯周炎炎症が歯根の3分の2程度の深さまで進み、歯周ポケットの深さは6ミリ程度に。 歯がぐらぐらし始め、歯の隙間が広がり、食事にも支障をきたすようになります。 また、膿が出たり時々腫れることもあります。 力を受け止めるクッションの役割をしている歯根膜が失われると、噛む力の影響を受けて一気に破壊が進むこともあります。 こうなると、専門的な歯周治療が必要です。 まず、ブラッシングやプロフェッショナルケア、手術などにより、徹底的にプラークや歯石を除去することにより 炎症のコントロールを行います。 同時にぐらぐらする歯を固定したり、咬み合わせの調整をするなど力のコントロールを行い歯槽骨の回復を待ちます。 最近では最新の治療技術を用いて歯槽骨を再生することも行われていますが、よい条件下でないと歯槽骨の回復は実現しません。 いずれにしろ大変複雑で長期にわたる困難な治療となりますので、よりいっそうの協力が患者さんに求められます。


重度歯周炎

重度歯周炎歯周組織が3分の2以上失われ、歯はぐらぐら、歯ぐきが腫れて痛んだり、膿が出たり、歯が抜け落ちてしまうことすらあります。 もうすでに治療が困難な状態になっており、歯を残せない場合もあります。 徹底したセルフケアはもちろん、歯科医院で行う治療にも、患者さんの長期にわたる努力と忍耐が必要になります。
歯周病は細菌が原因として起こる病気ですが、その発症や進行には患者さんの生活習慣(喫煙、食生活やストレス等)がおおいに影響します。 プラークコントロールと並行して、生活習慣を見直し規則正しい生活を行うことも、歯周病の治療には必要な条件です。
歯周病はセルフケアとプロフェッショナルケアで治ります。 患者さんと歯科医師・歯科衛生が連携して一緒に歯周病を撃退しましょう。

 

歯周病と全身との関係

歯周病は、単に口の中だけの病気ではなく、全身の病気と関係することがわかってきました。歯周病菌が気管や血管を通って身体の様々な臓器に運ばれ、病気を起こしたり悪化させることがあります。また歯肉の炎症が作り出す炎症性物質が全身に影響を及ぼすとも言われています。例えば歯周病によって、肺炎心内膜炎などを引き起こしたり、糖尿病を悪化させたり、早産や低体重児出産の確率を高めたりする可能性があるのです。歯周病を予防することで、全身の健康を目指しましょう。

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 088-833-6406 受付時間 9:00 - 18:00 [木・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 六泉寺歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.